大変な大掃除、それは引越しの

0 Comment

大変な大掃除、それは引越しの時です。

全部を家の外に出してから、家中を綺麗にするのはもちろんですが、あらかじめ、少しずつ始めていくのが最終的に楽になります。コツは荷造りの前に、掃除をやってしまうことです。
それによって、最後には軽くさっと掃除するだけですみます。引越しのため荷造りをしていると予想外にも困るのがグラスの梱包の仕方です。グラスを梱包する方法はまずは足の箇所に、梱包材を巻くことが大切です。

梱包材が指すものは絶対に専用のものを使う必要はありません。
身近にある新聞紙やタオル等でOKです。

その後、全体的にしっかり梱包すれば、グラスが破損することなく運ぶことができます。信じられない事をしてしまいました。

一人暮らしを開始するのに、誰にも手伝ってもらわずに一人の力だけで引っ越しをしたのです。
なんとか行けるだろうと思っていたのです。それなのに、結果的には大事な家具に目立つキズがついてしまったのです。

玄関から入る時、落して傷をつけてしまいました。
とてもへこんでいます。私達は家族で今年の春頃に引っ越しをしたのでした。元々の家の建て替え工事を行うために側にあった一軒家へと引っ越しをしました。
引っ越し作業は友達に手伝ってもらったので、引っ越し費用はかかることはありませんでした。ただ一つだけ苦労したことは、私が小さな頃から使用していたピアノが運び辛いうえに重く、運ぶのが大変だったことです。引越しの前日の作業として抜かせないのは、冷蔵庫の排水です。
水抜きの方法を知らない人は何はともあれ冷蔵庫のコンセントを抜くべきです。常識ですが、中身は取り出してください。

そうでないと、当日冷蔵庫が動かせない可能性もあります。家を購入したので、引っ越しました。埼玉県へ東京都からの引っ越しです。ディーラーの方にはメンテナンス等でお世話になっているのですがナンバーの変更はどうするのかと質問されました。
運輸局で手続きをする必要があるみたいですが、実際にはやらない人が多数だそうです。

私も東京のままのナンバープレートをしています。

引っ越しの準備はいろいろありますが、まず必要になるのが転出届を提出し、転居を公にすることです。
この転出届、現在住んでいる市区町村で役所の窓口に提出します。
郵送でも手続きできます。転居する本人が忙しく、手続きに行けない場合は、委任状を添えれば、代理人が提出しても問題ありません。実際の転居の2週間程度前から、転居届を出すことが可能になっているようです。同市内とか隣町くらいの近距離を引っ越しするなら専門業者を使わなくても、家族や友人の手を借りるなどで、引っ越しはできます。自家用車を使って、運べるだけの荷物は転居先に運びこみましょう。

少しずつでも時間をかけますので自家用車であっても、たくさんの荷物を運べるはずです。

そうはいかない大型家具については、トラックを借ります。
このレンタルトラックで全ての荷物の運搬を済ませてしまいます。なかなかこの通りに都合良くいかないかもしれませんが、それでも支出をかなりコストカットできるでしょう。引っ越しで、一人暮らしの場合、ベッドを置くべきかどうか考えることがあります。

新居がワンルームの場合は特に、かなりの面積を占めるのがベッドです。それに、業者がベッドを移動するとき、転居先のドアからベッドの搬入ができないという大変な話もあるようです。そのような事情があれば、まずは布団だけで寝ることを割り切って始めてみてもいいかもしれません。引っ越しの際、業者選びは大事です。

「どこでもいい」という訳には決していきません。
そして、どこそこを利用したい、などという思い入れも特にないのなら世間によく知られている大手業者を選ぶのが安心できるのではないでしょうか。

あえて業者名を挙げてみますと、コマーシャルでも馴染みのある、アリさんマーク引越社といったあたりでしょう。
世間でよく知られている大手、ということは、利用する人も大変多く、仕事をそれだけやってきたということです。ですから大抵のスタッフは経験を積んでいますし質の高い、スムーズな引っ越し作業が期待できます。
アップライトピアノの買取ができるのです